いま時代が手の中に

櫻井翔さんと嵐を応援するブログ

イエスアイムハッピー

■ドキュメンタリー
スッピンシリーズのツアー中密着とは違ってメイキングの名の如くツアーができるまで、を追ってる、からまあわかっちゃいたんだけど4-1状態が多めで若干の寂しさ…!でもせっせ働く翔さんとは大好きな翔さんの姿でもあり。
ただ自分は頭がおかしいので、一人で焦りを抱えつつも一人分あけてある振り用動画を見て振り覚えをがんばったり寄せ書き見てふっと微笑むようすを見てるうちにだんだんと翔さんが健気なヒロインにしか思えなくなってきてそれを堪能してしまった。
そんで別の時間が長いからこその5人揃ったときの安心感そして楽しさよ…!!
TWO TO TANGOのセンターでラップする翔さんにみんなで這い蹲って寄ってくる振りの練習風景も見れて最高…。みんな笑っちゃってるのかわいいし縋り付く→大野さん「連れ去る!」連れ去る……びえ…。
それが〜それが〜相葉雅紀〜エッヘヘ この笑い絶妙にアレでにのみやくんというかにのあいの良いところが出てる。
かっこいい選手権とかおもしろ意味不明でもう!!全体的にANOがキャッキャしててかわいかった。翔潤もありがとうございます。夢のコラボ美女と野獣は一生の宝です。

■本編
見どころしかないけどハッ!!となったとことりあえず。
・OPからの衣装、DYGIまでの衣装、MCまでの衣装ぜんぶ翔さんの美脚がすばらしくよくわかる…。細いけど細すぎず膝に向かって緩やかに絞られてる太腿と、すらーっと長くてアホほど細い足首までつながる膝下……。
・I Seekの足ビーンッ山が映ってて嬉しい。
・Badboyほんとにずっとすごいんだけどシルエット大野さんが横一になったとき右から3番目くらいの大野さんが踊れてないのがほんっとにおもしろくてしんどい。天才か!!?知ってた!!!
・ファイトソングであいばくんに耳打ちして肩組み合うさくらばが映ってて嬉しい。
・DRIVEで手持ちカメラに向かって踊る翔さんの圧倒的愛らしさ。
・恋文の翔やっぱりサイッコーだな!!!!!!!!オカリナ吹いちゃう!!!!桜舞ってる!!!!どんなかわゆい子よ!!!!ていうかブックレットでよく見たら青春ブギの衣装、多分だけど、あいばくんが龍、Jが虎、にのみやくんが竹と流水文?、大野さんが鯉?、で翔さんは五重塔と""桜""だよね……!?!ドームJaponesqueに引き続きまた桜を纏ってる……雅……。
・自然薯ロールケーキの話も入っててありがたい。

■ジャポアリ
全編初見だけどすごい全編おもしろい!!!
嵐って個人的にはドームクラス、特に国立とかでっかい会場の使い方がうまいと思ってて、でもそれはわたしがオタになった頃はすでにドームクラスでしかやらなくなってたから生で見る比較対象が無くてそう感じてただけなのかとも思うんだけど、でも多分うまいの自体は事実で、かといってアリーナクラスが合わないという話では無いというか、何言ってるかわからなくなってきた。
きっとこの、「アリーナにいる嵐」「ただいま」は9年前を知ってる人にしかわからないものなんだろうなと外野から勝手に感慨深くなりつつ。
アリーナの嵐めちゃくちゃ素敵!!
・OPアニメがドームよりさらに洗練されたというかよりゲームとかのPVぽくなってて好み!!サブリミナル蝶がペルソナ3みたいでおしゃれ。追加された蝶の光に包まれるとこ良いナァ。
・ドラムパートの翔さん、イケイケと真面目がいい感じに混ざり合っててすごいよかった。
・ディスコスター様に大はしゃぎして転んで助けてくっそ楽しんでるやまたろ愛しい。
・TABOOの最後指差して笑うあの笑みはなんなの!?ニヤ…って!!!ヒー
・愛を叫べ〜感謝まで矢の飛ばし合いっこが5人してはしゃいでてくそかわいい。


今更気づいたんだけど翔さんのあるある衣装シリーズ、
・ロングブーツ
・袖無し
に加えて、
・アンコールで履いてるボトムの尻ポッケ左に嵐マーク
があるんだな!!ジャポアリもあゆはぴも、あとよく覚えてるのはLOVE。あれすぅ〜〜ごいかわいいからこれからもよろしく…。

できる男

さまぁ~ずさんによる翔さん評がすごくうれしい。
「自分を殺せる人」必要に応じて自分を殺して相手を立てることができる、それを、一緒に仕事した方が言ってくれるということがうれしい。
誰かと話し始めが被ったときにスッと引く翔さん見たことあるもんなあ。譲りま〜すって示してひと笑い取るパターンもあるんだろうけど、翔さんは本当にさり気なく後に回るから自然に相手が話し始められる空気をつくってると思う。
大勢の出演者でつくりあげるバラエティなんかではMCがたくさん喋って、何ならゲストも食っちゃう勢いで話を回すことによってゲストの面白さを引き出すというやり方もあるしそれもものすごい技術だと思う。
そんな中で私は、一見穏やかでも常に周りにアンテナを張ってて、話し始めたそうな人や会話の流れから話を振れそうな人を見つけて滑らかに水を向ける、そういう翔さんのMCが好き。
最後には大竹さんのネタに否定するでもなく乗っかって笑いに変えるところまで含めて非常にうれしくありがたい一時だった!

かっこいい人

待ってましたオトノハ!ラプラスの魔女はクランクアップ、そして先に生まれただけの僕の撮影へと入っていくと。
演技仕事…翔さんの演技仕事が、立て続けに…!
今までも映画とドラマが同年にってことはあったけどなんでか今年はこれまで以上にうれしいんだよなーもう何度目だってくらいしつこく言ってるけどアイドルとして鬼のように仕事する35歳の自担、あまりにもかっこいい。
オトノハも、10日20日の頃からとにかく遅刻が無いのがすごい。言うたら多少遅れたところで別に仕方ないよねって流せると思うけどそれをさせない翔さんほんとかっこいい。当たり前のことかもしれないけどやり続けられるのはかっこいい。
風磨くんの声に応えてセクゾコン行ったのもかっこいい。半分プラベ的な場面だとCLOUDY着てるのもかっこいい。それをまた特に口で言ったりはしないところが痺れるよな〜〜もちろんデザインがめちゃくちゃ好きだから着まくってるとかでもクッソカワイイからもうなんでもいい。少なくとも私は翔さん経由でCLOUDYを知ることができたし。

そんでまあこんなに毎日新鮮に翔さんがかっこいいのにそれ以上に毎秒かわいいからほんと困るんだよね〜〜〜嘘〜〜ぜんぜん困ってない〜〜
クラブのやつは私は翔さんのヲタクになったときすでに彼はもう真面目で堅いイメージの人だったけど昔からファンの友人はすげーうれしそうだった笑 根っからの癖にー!!
隠れ家は……本当にあの……いつも岡田准一さんには頭が上がらないです。翔さんわけわかんなくなっててほとんどバンビだった。あの新種の鳥みたいな甲高い悲鳴さいこうにすき。泣き言言ってお仕置きに技かけられるくだりとかかわいすぎて私の脳内映像かと思った。


アッ貴族探偵貴族探偵もーおもしろいすき!!お人好しで気弱で優しくてどこか儚い役どころの多かった相葉くんにいつかは悪〜い男を演じてほしいぜと思ってたけどいざどうぞされたら想像以上に刺さってどっきどきする……軽くて庶民派のチャラ悪男ではなく、高貴さを纏ってナチュラルに高いところから気まぐれに手を伸ばしてるみたいな悪男っぷりがまぁ〜〜ハマってる!!女性と見れば声を掛けるをやるたびにちくしょー結局は御前の目にはぜんぶ平らに映ってるんだ…って悔しくなる……でもその一方で使用人のことは本気で気に入っててほしいな……使用人ズ側も、義務的な忠誠心以上にお気に入りって理由だと私がうれしい…そのくらいのふてぶてしさ好き!!
翔さんは例によってZERO前に見てるのかしら♡

仕事の鬼

連続ドラマ!!!!
元エリート商社マンが奮闘する……やばい、すごく合ってる気がする……!
共演に多部ちゃんと蒼井優ちゃんという以前一緒だった方々なのもうれしい!
今年から来年にかけての楽しみが次々に決まっていく!!これは当たり前のことじゃない、全力で応援するのみ!!!

↑出勤前の浮かれたテンション

夏は初めてのグループ単位ではない24時間テレビ司会、たぶん今年も夏と冬に音楽番組司会(こんなこと当たり前のように想像してるのがすでにすごいぞ)、秋は連ドラ、来年は映画。
プロモーションもたくさんあるだろうしツアーはもちろん何としてもやってほしいし、ワク学はさすがにわからないけど、シングルだってアルバムだって出してほしいし、レギュラーだってグループのと個人のとで変わらずあってほしい。
忙しすぎて体壊しちゃわないか心配;;て、そりゃ人間だから思うけど、誰より櫻井担が一番よく知ってるはずなんだ……翔さんは忙しければ忙しいほど輝きを増す、とんでもねえワーカホリックだって…!!!
なので私はひたすらに、35歳のいま鬼のように仕事してアイドルしてくれる自担に感謝しながらきっちり金を落としながら追い縋る。

もれ出づる月の 影のさやけさ

私の中では大野さんに対する思いとして大まかに2つの考えがワイワイ同居している。


A.大野さんの才能は格式高いもの

誰もが大野さんの歌の上手さダンスの上手さを知っている状態よりも、
例えば嵐をよく知らない人とか、知ってるけど詳しくはない人とか、好きだけどまあ歌なんて5人どっこいでしょ?な人が、たまたまテレビやなんかで嵐のパフォーマンスを見たときに
「えっ……あれ…?この人、歌うめえ……!」
てな感じで雷に打たれたが如くその才能に気づいてほしい。
実は歌、なんならダンスも断トツで上手いことにひとたび気づいてしまったら、もう知らなかったころには戻れない。そして気づいた人たちだけが共有できる。実はこの人こんなに凄いんだぜ。知らないなんて勿体無いけど、そう簡単に分けてやらないよ。



B.大野さんの才能は誰もが気軽に触れていい

いやいやそうは言ってもやっぱり知ってほしい!だってどう考えてもいちばん上手いんだもの!ほらちょっと聴いてみ?ね?言ってる意味わかったでしょ…!?
しかもこんなに上手いのに本人はまったく、いや日本人って謙遜が美徳みたいなとこあるからそうそう自分から喧伝していく人っていないけど、それにしてもあまりにも主張しなさすぎる!!だってもし私が大野さんの歌唱力とダンススキル持ってたら、シングル出るたびに声高に言うよ。今回の見せ場は大サビに入るフェイク!!今回は落ちサビのソロ!!(そんなアイドル嫌だな)
ちょっと下がったところで静かに穏やかにしてるとこ、その普段とのギャップがまたいいんだけどでもどーーしてもやきもきする…!!


なにせ永遠のド新規ことクイズショウ出の櫻井担ワイが大野さんの歌の上手さに気づいたのはたまたま見てた歌番組の曇りのち、快晴だったもんで、やっぱり知ってもらうにはソロで歌う機会を増やすことだよなあと思う。
なんかソロ活動ってなるといろんな意見が出るし、他担どころか大野さん担ですら言いづらそうにしてるのを見かけたことあるけど、私はソロって別にグループ活動に対する障害でも裏切りでも何でもないと思っているのでできるならぜひにでもやってほしい。ていうかなんならカバーアルバム出してほしい!!!言い値で買う。
ただな〜大野さん本人があんまり興味なさそうで。そこいくと大野さんって一人であんだけ何でもできちゃうまさに誇張でも大袈裟でもなく天性の才能と努力する力を持った類稀なる人なのに、彼自身が4人がいないと…って言うところにどうしようもなく尊さを感じる;;;;

一方で大野さんの、あのふとした瞬間に気づいてしまって、そしたらもう引き返せない神の森の奥というか沼というか凄まじい引力、あれは普段は秘されてる(ように感じる)からこそだよなーというのもある。
知る人ぞ知るじゃないけど、大野さんの才に触れた自分が何だか特別な存在になったような、いっそ怖いほどの美しい存在の一端を手に入れてしまったことへの中毒性というか、そこをファンだけで大事に大事にしておきたい気持ちもあり…。

だめだ大野さんのことを語ろうとするとどんどん痛々しく患ってる人みたいになる…いつもだけど…。
ちなみに歌声は癖がなくて透き通ってて伸びやかで高めだけど低音もでるしまっすぐ前に突き刺す歌唱もユニゾンの一番外側で包み込む歌唱もできるところとハ行の歌い方、
ダンスは指の先の先まで神経が通っていて自分の意思で完璧に支配できていることが顕著にわかるトメの正確さと無重力かと錯覚するほどの軽やかさと加えてそれと対照的な重々しさどちらも表現できる身体能力の高さ、
が特に好き。

収集がつかなくなるので『私の好きな大野さんのパフォーマンス』と『カバーアルバムに収録してほしい曲』を挙げ連ねて自己満足します。


♥大野さんのパフォーマンス♥
■TimeツアーDVD「Song for me」︰
"そして当てなく歩いた"の[て]から[あ]にかけての歌い方
 →美しすぎて目眩がする。

■TimeツアーDVD「Song for me」︰
"夢がさめてしまっても忘れないよ"から続く、CDにはない長いフェイク
 →一旦切って2発目に行く頭のちょっと裏返った入りが凄まじい。これが好きすぎてCDが若干物足りなく感じる事態に。

■TimeツアーDVD「Love Situation」︰
2番サビ終わりからの間奏ダンスでCメロに入る直前にやる片腕曲げてもう片腕伸ばしてその指先をクイクイってする振り
 →余裕がすごい!!!!!わかりやすいカッコつけじゃないあの気だるげな所作に滲む色気余裕。ラブシチュ何だかんだで何種類か映像化されたけどこれがちゃんとカメラに抜かれてるから抜群にTimeが好き。

■AAA2008DVD「スマイル」︰
"夏の風が運ぶ夢は輝いて"の[やいて〜]
 →あれどうやって……どうやったらあんな滑らかに一音一音がつながるの…??意味がわからないよ…。

■AAA2008DVD「五里霧中」︰
"諦めないで"
 →濁らせた歌声…!!基本、透き通って濁りなく美しい大野さんの歌声が、濁らせたら濁らせたで味と色気を生むの、全方位死角無さ過ぎてズルい。

■AAA+inDomeDVD「Rain」︰
後半につれ苦しげになっていく表情、と、一番最後の"Hey, Now I Don't Wanna Give Up"の[Hey]
 →めちゃくちゃテンション上がるし揺さぶられる。Rainが一番ストレートに男くさいかっこよさがある気がする。

■嵐フェス(2012)DVD「Face down」︰
ど頭の、一瞬の榎本さん
 →1位はこの曲だー!ドーーン!!ジャンプアップで5人登場かっこいいあああああ!!?榎本さん!!!昇天。

■Beautiful WorldDVD「Lotus」︰
フェイク
 →顔を横に逸しながら眉根を寄せながら徐々に音階の上がっていくフェイク。

■JaponismDVD「暁」︰
すべてにおいて
 →良さしかない。型、たまらん。"追いかけてさざ波"の腕の可動域、たまらん。和の歌詞、たまらん。

■いろんなとこでやった「Zero-G」︰
1番とラスサビの腰振り
 →右前左後?4回に分けて別の方向に腰振りしてる、ことがちゃんとわかるのが大野さん。

き、キリがねえ……
大野智、恐ろしいお人……。
しかし時代が偏ってしまった。



♡カバーアルバムはよ♡
1.波乗りジョニー/サザン (頼むソロでフルでくれ)
2.アポロ/ポルノ (上に同じ)
3.抱いてセニョリータ/やまぴ (絶対かっこいい)
4.糸/中島みゆき (泣く)
5.恋/星野源 (大野!星野!)
6.Week End./星野源 (似合う)
7.春の歌/スピッツ (大野さんの無敵のハ行で入るサビ)
8.orion/米津玄師 (ただの趣味)
9.ら・ら・ら大黒摩季 (大野さんの高音)
10.名もなき詩ミスチル (成り行きまかせの恋に落ち…を「はえぇ…;」と戸惑いつつふにゃふにゃ歌入れ始めて完成品に度肝を抜かれたい ※AAA08リマカの衝撃 あと大サビの転調絶対うま〜くこなす)


これも担タレなのか、やっぱり私は生粋の能ある鷹な大野さんが心底好きだ。


記事タイトルは百人一首

秋風に たなびく雲の 絶え間より
もれ出づる月の 影のさやけさ

雲の切れ間からもれる月の光の美しさってそれ大野さんのことやないか!!!!!