読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま時代が手の中に

櫻井翔さんと嵐を応援するブログ

誰かに

新年早々仕事仕事だったのがようやく一段落ついた。根がクズなので一生懸命働くようにできていないからしんどかった。
ようやっと「君に捧げるエンブレム」を見ることができた。

鷹匠和也のファンになってしまった。
自信家で負けず嫌いで、走り出したら止まれない。
でも本当は負い目や寂しさを奥に隠していて、振り返った時そこに誰もついてきていないことに絶望することだってある。
それでも何度倒されようが立ち上がる、立ち向かってくる、前に進むことを選ぶ。それしか選べない。
悔しさには顔を歪めるのに、寂しい時、諦めてしまった時は笑うところに鷹匠和也の背負ったものを感じてしまって切ない。あの笑顔切ない……。
車椅子バスケが生きていくための命綱だ、という捉え方というか表現がすごく響いた。
鷹匠和也にしたら車椅子バスケは、自身の状態やハンデを忘れて没頭できるものだからっていうことなのかもしれないけど、単純にそれ以上に、車椅子バスケという競技に嵌って虜になってしまっているからという側面もあるんじゃないかなあそうだといいなと妄想している。
元々物語において「○○が無いと生きていけない」ようなキャラクター、特にスポーツ選手がすごく好きで(例えばハイキューの影山飛雄、スラムダンク流川楓)、鷹匠和也にもそれを勝手に感じてしまったということなんだけど。
そしてそれ以上に必要としている存在が未希さんとりょうちゃんだとちゃんと伝えられたのも良かった。
ていうかりょうちゃん、パパのこと大好きですごくかわいい……。パパかっこいいよね、憧れちゃうよねそりゃあ。階段登ってる時パパのジャケット着てるのが最高にかわいかった。これからはもっといっぱい甘え倒しちゃえ。。
和也&大隼vs神村さんは少年漫画的な熱さがあって良かった。もっともっとここの闘いを見たいなあ。

続編というか、合間の話というか、そういうのをもっと見たくて、SP2時間ちょいだけで終わるのがもったいないと思ってしまうそんなドラマだった。
彼らのもっといろんなところを見たい……!!



翔さんだということ、中の人をほぼ意識しなかった。完全に鷹匠和也だった。鷹匠和也の物語のその一部だった。
タイトルの「君」が誰のことを指すのかはそれぞれの解釈でいいのかな。私は「サッカー選手の鷹匠和也」を推したい。
たった一人で一つ目のエンブレムを掲げた君に、その道を閉ざされてしまった君に。支えられて、支えて、倒れても立ち上がってきた彼が捧げる二つ目のエンブレム、ということで。

嵐が好き

大晦日だってのに仕事があったせいで最初からはリアルタイムで見られなかったけど、相葉くんの司会よかった。
その道のプロじゃないから上手い下手とかはよくわからないけど、真面目で一生懸命で優しい人柄がうまく作用してた気がする。
ちょっとびっくりするくらいのテンションで盛り上げきったにのと、隣に並ぶなり背中をぽんとたたいた翔さん、それぞれの労り方にも色が出てて素敵だった。
最後5人で揃った時にここまでお疲れさまの言葉にすみませんすみませんって頭を下げる相葉くんに謝らないでって小さく言った翔さん本当に好きな翔さん。謝る必要なんてないよっていうその言葉には優しさに加えて、何というか、当たり前のことであるっていう意図も含まれてたのかもと勝手に妄想する。だって確かに段取りというか曲振りのミスとかはあったけど些細なものだし、生放送である以上ある程度は想定内のはずだし、相葉くんも有村さんもきっちり役目を果たしてきたわけで、あそこまで恐縮する必要なんてない。
けどそれでも頭を下げるのが相葉くんなんだなあきっと。そういうところが好きだ。
そしてメドレー。選曲は非常に無難だったけど、そこは大トリだからあれで良かったと思う。3曲とも世間的にもわりと馴染みのある曲だろうし、てっぱんで盛り上がるし。大衆向けの嵐として正しいというか。なにより珍しく結構歌ってたのが嬉しかった。もっと生歌部分増えていくといいな。
視聴者票も会場審査も圧勝だったのになぜか白組負けたけど、首をひねってる翔さんとにのの姿が良かったからまあ……。
翔さんがこっそり大野くんと位置入れ替わってたのは優勝旗待機らしい?w
嵐のそういう内向きで楽しんじゃうところが好き。
大トリに決まったかと思えば内輪受けばっかりだのオーラがないだの外野から叩かれて、他方じゃ何やっても文句ばかりの自称ファンから大衆向けの面白みのないグループになっちゃったと叩かれて、いやなんか嵐ほんと大変だな!
永遠の新規が偉そうなこと言うけど嵐ってそんなに外向いてるかな……。良くも悪くも内側を向きがちな5人だと思うんだけど。そしてそこが個人的には大好きなんだけど。
だからこそそんな5人が自分たちのファン以外にも大勢の人が見る大型番組で、大役を担って広い層に向けてしっかりとパフォーマンスしてみせたことがすごく誇らしかった。

からのカウコン。ホールから移動する車に乗るところずーっとぴょんぴょんしてる翔さんのかわいいことといったら。
4人だったけど背中にでかでかとかわいい相葉くんがプリントされたスタジャン着て、カメラが寄るたびにアピールして、キャッキャ盛り上がって……かわいいの一言に尽きる。

2016年はなんかやたらといろんなところから攻撃されてた気がする。国民的アイドルの肩書に相応しくないとかなんとか言いがかりをつけられたり。変わっちゃった、天狗だ、招待客贔屓、ファンを軽んじてる、とか罵られたり。
別に元々嫌いな人は好きに言えばいいと思うけど、ファンだとか言いながら文句しか言わない人ってなんなんだろう。
あと自分が勝手に熱が冷めて他グループに降りたいからって、変わった嵐が悪いとか言ってぜんぶ嵐のせいにして、自分の担降りを正当化するための言い訳に利用したり。頼むから黙っていなくなってくれよそして二度と戻ってこないで。

2017年も相変わらず難癖つけてくる人はいるだろうけど、嵐が考えてつくりだす嵐に私は全力でついていきたいし全力で応援する。
思うように自由に好きなようにやっていってほしいなあ。

歌のパフォーマンス翔さんのすごいところ!

・腹から声が出ていて安定感抜群
・低音域がよく出ている
・あまり担当しないけれど高音も出せる(ハワイのCARNIVAL NIGHT part2等)
・ハスキーボイスがセクシー
・通常の歌い方とラップの歌い方でかなり変えていて一粒で二度おいしい
・リズム感がよくてライブでのファンとの掛け合いがうまい
・ライブ中、歌詞に合わせてメンバーを見るときのやさしくてあったかい表情
・そのほかいろいろ

Are You Happy? 東京12/26 翔さんメモ

翔さんのかわいかったところメモ

・I Seek、スーパーライブでも抜かれた山2人でのダンスのところ、移動してくるなり大野くんを期待に満ちた眼差しで見つめる
→足ビーンッてするやつをまたやってくれる大野くん
→翔さん大笑い
・大野くんソロ前の小MCでカミカミ
・パワパラ斜めになるフォーメーションのとき間違えて一人だけ行進するみたいに前に出てきちゃう
→そのあとMCでつっこまれて照れ笑い
→「ダンス中に松本潤と目が合うとドキッとする」
・MCケーキのくだり全部
→相葉くんが「翔ちゃん絶対食べたほうが良い!」と勧めてくれたチーズケーキ2種類を一人で食べる自信がないと言い大野くんが一緒に食べてくれた
→どっちがおいしかったか相葉くんに聞かれて「え〜どうしよう!!……せーので指さす〜??」
→ニノがラストレシピの撮影中に秋元康さんに高級チーズケーキを差し入れしてもらった話で好奇心トリオ「うわ〜!!食べたかったー!なんで持ってきてくれないのぉ〜!!鼻血出ても食べるのにー!!」
・「今日のMC最低だwww」
・MC君エンの宣伝でまたカミカミ
→「みんなには…伝わったと思う♡」
・シングルメドレーの直前、暗がりで相葉くんとひそひそ話
・最後の挨拶でトータルセールス1位を大喜び
・最後の挨拶時、紅白司会の相葉くんに曲振りをお願いしたのに癖でついやろうとしてしまい「ごめんごめん、俺もうおくちチャックしとく(ニコッ)」
・挨拶でみんな笑いを取りに行きたがるのでDaylightへの曲振りをどうしたらいいのか困るというJ
→「その件に関しては本当に…反省してる」
→目をつむって神妙な顔(というネタ)(かわいい)
→4人「反省してるw」「あの人反省してるよw」
・最後はけるとき手を合わせてお辞儀

全体的ににこにこしててよくふざけててたくさん笑っててとってもかわいかった〜!!!!
ケーキ大好きお兄ちゃんズをどうしたもんかと見つめる末ズ!嵐かわいい!

アーティストトータルセールス1位についても、あんなふうにうれしそうに報告して、みんなのおかげですありがとうって喜んでくれている姿を見ると本当にこっちもうれしくて仕方なくなる。
オリコン1位とか言い方悪いけど出せば取れる的な状況なことは確かだから正直タレント本人たちの思いってどんなものなんだろうと思ってたけど、嵐があんなに喜んでくれるなんて…うれしい…。
やっぱり作品は買おう。買うことが応援の一つになるし次に繋げる力にもなるだろうし、好きだって伝えるメッセージにもなるはずだ!

12/26

忘れないうちに!!!
A「翔ちゃんこのチーズケーキ絶対食べたほうがいいよ〜!」
チーズケーキは2種類ある
S「え〜っ!一緒に食べよお〜」
O「いいよ一緒に食べよお」
Aさんトイレに行き戻ってくる
2人並んで食べてる山
A「ねえねえどっちがおいしかった??」
S「えーー迷うーー!……せーので指さす?」
O「いいよ〜!」

N「っていうのをずーっとやってるんですよ!!もう女子ですよ女子!!!」
M「グループの過半数オネエじゃねーか」