読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま時代が手の中に

櫻井翔さんと嵐を応援するブログ

ぶっさんとバンビ

海賊と呼ばれた男の番宣で夜会、しやがれと立て続けに嵐(翔さん)+岡田くんが見られた。

夜会サシ飲み。
お互いを木更津キャッツアイの役名で呼び合うのをいつしかやめた理由、岡田くんの口からは何度か聞いていたけど、翔さんの口から聞くのは初めてかもしれない。
岡田くんは、キャスターとして一人のアイドルとしてどんどん道を進んでいく翔さんをもうバンビとは表せない。
翔さんは、役者としてのキャリアを着実に積み上げていって、大作にも次々出演する岡田くんを、『あの頃の思い出に引きずり続けたくなかった』から。
この理由がまあ非常〜〜に胸にきた。
岡田くんにとっての、木更津キャッツアイという作品の立ち位置は。自分にとっては本当にかけがえのない作品だけど、岡田くんはどうなのかとか。会話の中でも言ってたけどなかなか厳しい視聴率だった初主演作は本当に誇れる作品のひとつなのかとか。
今や日本を代表する役者にまでなった岡田くんを引きずってしまっていいのかっていうその考え方は、翔さんの木更津キャッツアイが大好きって気持ちとぶっさんが大好きって気持ちと岡田准一が大好きって気持ちのせめぎあいを感じてしまって、ああ〜〜〜っなんていじらしいんだろう。
岡田くんも岡田くんで一人前のアイドルとして、キャスターという未開の分野に挑戦して進んでいく後輩をいつまでも"後輩"扱いしてちゃいけないんじゃないかって。
つまりお互いがお互いを大切に思ってるがゆえの身の引き方、表し方というわけで。
優しくて不器用で、どこかで自信を持てない2人の姿が見えた気がして愛しさが爆発した。

番組中では「何もできない」をちょっと強調されてた気がするけど、岡田くんっておそらくとても器用な人で、逆に何でもできちゃうからこそひとつ秀でたものを探すのに悩んでたのかなとか。
翔さんの、まだ誰も行ったことのない分野として報道という仕事に挑戦したいという話は聞いたことがあった。けど今回はそれに加えて、中居くん、太一くん、井ノ原くんたちのように大勢のタレントさんをまわすことはできないけど、ひとりにじっくりと話を聞くことは好きだから、ていう話は私は初めて聞いた。
得意不得意、好きなこと、挑戦してみたいこと、やらなきゃいけないこと、いっぱい考えて悩んで、未だに正解なんて見えやしない道をそれでもひたすら進んでいく2人の姿は本当にかっこいい。
アイドルって何にでも挑戦できるし、何をやってもどこかでレッテルが貼られてて、ほんとに不思議でおもしろい職業。
2人がステージの上で歌って踊って人々をキャーキャー言わせることが本職なアイドルって仕事を選んでくれて、真摯に向き合ってくれて、ひたすらにうれしい。

カワイイ♡カワイイ♡言われて照れまくってる翔さんは本当にかわいいなあ〜!おこがましいのきわみだけど岡田くんに、わかります!!!!って言いたい。
本人曰くの反抗期を経てきっと心の余裕もできて、後輩をかわいがりだしたら楽しくなっちゃった岡田くんと、かわいがられ慣れてないのか戸惑っちゃう翔さんのテヘテヘしたやり取り、ひたすらかわいい。