読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま時代が手の中に

櫻井翔さんと嵐を応援するブログ

もれ出づる月の 影のさやけさ

私の中では大野さんに対する思いとして大まかに2つの考えがワイワイ同居している。


A.大野さんの才能は格式高いもの

誰もが大野さんの歌の上手さダンスの上手さを知っている状態よりも、
例えば嵐をよく知らない人とか、知ってるけど詳しくはない人とか、好きだけどまあ歌なんて5人どっこいでしょ?な人が、たまたまテレビやなんかで嵐のパフォーマンスを見たときに
「えっ……あれ…?この人、歌うめえ……!」
てな感じで雷に打たれたが如くその才能に気づいてほしい。
実は歌、なんならダンスも断トツで上手いことにひとたび気づいてしまったら、もう知らなかったころには戻れない。そして気づいた人たちだけが共有できる。実はこの人こんなに凄いんだぜ。知らないなんて勿体無いけど、そう簡単に分けてやらないよ。



B.大野さんの才能は誰もが気軽に触れていい

いやいやそうは言ってもやっぱり知ってほしい!だってどう考えてもいちばん上手いんだもの!ほらちょっと聴いてみ?ね?言ってる意味わかったでしょ…!?
しかもこんなに上手いのに本人はまったく、いや日本人って謙遜が美徳みたいなとこあるからそうそう自分から喧伝していく人っていないけど、それにしてもあまりにも主張しなさすぎる!!だってもし私が大野さんの歌唱力とダンススキル持ってたら、シングル出るたびに声高に言うよ。今回の見せ場は大サビに入るフェイク!!今回は落ちサビのソロ!!(そんなアイドル嫌だな)
ちょっと下がったところで静かに穏やかにしてるとこ、その普段とのギャップがまたいいんだけどでもどーーしてもやきもきする…!!


なにせ永遠のド新規ことクイズショウ出の櫻井担ワイが大野さんの歌の上手さに気づいたのはたまたま見てた歌番組の曇りのち、快晴だったもんで、やっぱり知ってもらうにはソロで歌う機会を増やすことだよなあと思う。
なんかソロ活動ってなるといろんな意見が出るし、他担どころか大野さん担ですら言いづらそうにしてるのを見かけたことあるけど、私はソロって別にグループ活動に対する障害でも裏切りでも何でもないと思っているのでできるならぜひにでもやってほしい。ていうかなんならカバーアルバム出してほしい!!!言い値で買う。
ただな〜大野さん本人があんまり興味なさそうで。そこいくと大野さんって一人であんだけ何でもできちゃうまさに誇張でも大袈裟でもなく天性の才能と努力する力を持った類稀なる人なのに、彼自身が4人がいないと…って言うところにどうしようもなく尊さを感じる;;;;

一方で大野さんの、あのふとした瞬間に気づいてしまって、そしたらもう引き返せない神の森の奥というか沼というか凄まじい引力、あれは普段は秘されてる(ように感じる)からこそだよなーというのもある。
知る人ぞ知るじゃないけど、大野さんの才に触れた自分が何だか特別な存在になったような、いっそ怖いほどの美しい存在の一端を手に入れてしまったことへの中毒性というか、そこをファンだけで大事に大事にしておきたい気持ちもあり…。

だめだ大野さんのことを語ろうとするとどんどん痛々しく患ってる人みたいになる…いつもだけど…。
ちなみに歌声は癖がなくて透き通ってて伸びやかで高めだけど低音もでるしまっすぐ前に突き刺す歌唱もユニゾンの一番外側で包み込む歌唱もできるところとハ行の歌い方、
ダンスは指の先の先まで神経が通っていて自分の意思で完璧に支配できていることが顕著にわかるトメの正確さと無重力かと錯覚するほどの軽やかさと加えてそれと対照的な重々しさどちらも表現できる身体能力の高さ、
が特に好き。

収集がつかなくなるので『私の好きな大野さんのパフォーマンス』と『カバーアルバムに収録してほしい曲』を挙げ連ねて自己満足します。


♥大野さんのパフォーマンス♥
■TimeツアーDVD「Song for me」︰
"そして当てなく歩いた"の[て]から[あ]にかけての歌い方
 →美しすぎて目眩がする。

■TimeツアーDVD「Song for me」︰
"夢がさめてしまっても忘れないよ"から続く、CDにはない長いフェイク
 →一旦切って2発目に行く頭のちょっと裏返った入りが凄まじい。これが好きすぎてCDが若干物足りなく感じる事態に。

■TimeツアーDVD「Love Situation」︰
2番サビ終わりからの間奏ダンスでCメロに入る直前にやる片腕曲げてもう片腕伸ばしてその指先をクイクイってする振り
 →余裕がすごい!!!!!わかりやすいカッコつけじゃないあの気だるげな所作に滲む色気余裕。ラブシチュ何だかんだで何種類か映像化されたけどこれがちゃんとカメラに抜かれてるから抜群にTimeが好き。

■AAA2008DVD「スマイル」︰
"夏の風が運ぶ夢は輝いて"の[やいて〜]
 →あれどうやって……どうやったらあんな滑らかに一音一音がつながるの…??意味がわからないよ…。

■AAA2008DVD「五里霧中」︰
"諦めないで"
 →濁らせた歌声…!!基本、透き通って濁りなく美しい大野さんの歌声が、濁らせたら濁らせたで味と色気を生むの、全方位死角無さ過ぎてズルい。

■AAA+inDomeDVD「Rain」︰
後半につれ苦しげになっていく表情、と、一番最後の"Hey, Now I Don't Wanna Give Up"の[Hey]
 →めちゃくちゃテンション上がるし揺さぶられる。Rainが一番ストレートに男くさいかっこよさがある気がする。

■嵐フェス(2012)DVD「Face down」︰
ど頭の、一瞬の榎本さん
 →1位はこの曲だー!ドーーン!!ジャンプアップで5人登場かっこいいあああああ!!?榎本さん!!!昇天。

■Beautiful WorldDVD「Lotus」︰
フェイク
 →顔を横に逸しながら眉根を寄せながら徐々に音階の上がっていくフェイク。

■JaponismDVD「暁」︰
すべてにおいて
 →良さしかない。型、たまらん。"追いかけてさざ波"の腕の可動域、たまらん。和の歌詞、たまらん。

■いろんなとこでやった「Zero-G」︰
1番とラスサビの腰振り
 →右前左後?4回に分けて別の方向に腰振りしてる、ことがちゃんとわかるのが大野さん。

き、キリがねえ……
大野智、恐ろしいお人……。
しかし時代が偏ってしまった。



♡カバーアルバムはよ♡
1.波乗りジョニー/サザン (頼むソロでフルでくれ)
2.アポロ/ポルノ (上に同じ)
3.抱いてセニョリータ/やまぴ (絶対かっこいい)
4.糸/中島みゆき (泣く)
5.恋/星野源 (大野!星野!)
6.Week End./星野源 (似合う)
7.春の歌/スピッツ (大野さんの無敵のハ行で入るサビ)
8.orion/米津玄師 (ただの趣味)
9.ら・ら・ら大黒摩季 (大野さんの高音)
10.名もなき詩ミスチル (成り行きまかせの恋に落ち…を「はえぇ…;」と戸惑いつつふにゃふにゃ歌入れ始めて完成品に度肝を抜かれたい ※AAA08リマカの衝撃 あと大サビの転調絶対うま〜くこなす)


これも担タレなのか、やっぱり私は生粋の能ある鷹な大野さんが心底好きだ。


記事タイトルは百人一首

秋風に たなびく雲の 絶え間より
もれ出づる月の 影のさやけさ

雲の切れ間からもれる月の光の美しさってそれ大野さんのことやないか!!!!!